THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio THE EUGENE Studio

青森県立美術館 企画展 | 「青森EARTH2019 いのち耕す場所」

Date
Aug 31, 2019
Tag
Exhibition

青森県立美術館 企画展 「青森EARTH2019 いのち耕す場所」展に参加します。
過去作 Agricultural Revolution3.0から、銅板の大型ドローイング作品と書籍が展示されます。10月5日〜12月1日まで。

会期 : 2019年10月5日(土)-12月1日(日)
休館日 : 10月15日(火)、28日(月)、11月11日(月)、25日(月)
開館時間 : 9:30-17:00

[出展作家]
青森の農具/青森の教育版画/浅野友理子/雨宮庸介/安藤昌益/
岩名泰岳/江渡狄嶺/大小島真木+アグロス・アートプロジェクト/オル太/
久保寛子/田中功起/塚本悦雄/常田健/
丹羽良徳/リ・ビンユアン/三原聡一郎/
ジャン=フランソワ・ミレー/ザ・ユージーン・スタジオ/ジョン・ラスキン

 

 



Drawing; Model room for Agricultural Revolution 3.0
(2016,Drawing,copper,2400 × 1900 mm)
©THE EUGENE Studio

 

 

 


 

概要

(本文抜粋)

 

「青森EARTH2019:いのち耕す場所 -農業がひらくアートの未来」展の開催について

 

青森の大地に根ざしたアートの可能性を探究するシリーズ企画「青森EARTH」。今回のテーマは「農業」。食料生産の営みや社会の礎としての農業をヒントに、人が生きる力を養う術(アート)として芸術を紹介する展覧会「いのち耕す場所」として開催します。
三方を海に囲まれ、奥羽山脈が中央を二分する青森において、人々は厳しくも豊かな自然をひたむきに耕し、様々な技術や農作物を得ることをとおして、今日まで互いの「いのち」をつないできました。本展はそんな青森の農業にまつわる章構成のもと、農業の現場を取材して制作された現代アーティストの新作を中心に、近代の芸術家の作品、青森の子ども達の版画作品、農具や「農の思想家」安藤昌益らの仕事をジャンル横断的に紹介します。
本展において農業と融けあう芸術は、人と自然を等しく活かす術(アート)ともなり、それらを展示する美術館は地域に根ざした「いのち耕す場所」として生まれなおすことになるでしょう。様々な危機に揺れる今日の世界で、本展が地域からアートの可能性を広げるための視座となれば幸いです。

 

展覧会概要

 

展覧会名 : 青森EARTH2019:いのち耕す場所-農業がひらくアートの未来
会期   : 2019年10月5日(土)-12月1日(日)
休館日  : 10月15日(火)、28日(月)、11月11日(月)、25日(月)
開館時間 : 9:30-17:00 *入館は閉館の30分前まで
観覧料  : 一般1,500円(1,300円)、高大生1,000円(800円)、小中学生無料

 

※( )内は前売券及び20名以上の団体料金
※障がい者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料
※前売券は、ローソンチケット(Lコード:21624)、セブンチケット、ポみっと!チケット、青森県内各プレイガイドで10月4日(金)まで販売

 

詳細はこちら

 

アクセス

 

[ JR新青森駅から ]
車で約10分
ルートバスねぶたん号 新青森駅東口バス停から乗車 「県立美術館前」下車 (所要時間約10分)
※ 詳しくはあおもりシャトルdeルートバス「ねぶたん号」(017-739-9384)へお問い合わせ下さい。

 

[ 青森駅から ]
車で約20分
青森市営バス 青森駅前6番バス停から三内丸山遺跡 行き 「県立美術館前」下車 (所要時間約20分)

 

[ 青森空港から ]
車で約20分

 

[ 東北縦貫自動車道青森I.C.から ]
車で約5分

 

[ (八戸方面から)青森自動車道青森中央I.C.から ]
車で約10分