White Painting “Trinity”

Agricultural Revolution 3.0
(Research project)

Outline

Small circulation/ecosystem, a small revolution
Space changing organically

A research project on agriculture, biotechnology and a new garden city.
This was held in multiple forms; research, installation and conversation.
Columbia University and University of Cambridge cooperated in the research and farmers, Wired, OMA NY, and more intellectual participated in the conference.
In the center of Shonai, Yamagata prefecture, with a long history of agriculture and a landscape of satoyama, we established a place growing organically.

小さな循環/生態、小さな革命 | 有機的に変化する(場所ならぬ)場

農業とバイオテクノロジー、そして新しい田園都市に関する、リサーチ・プロジェクト。
リサーチ、インスタレーション、カンバセーションと、複数の形態に渡って行われました。
リサーチではケンブリッジ大学やコロンビア大学、カンファレンスでは専業農家やWired、OMA NYなどが参加。
農耕の歴史が深く、里山的風景が広がる山形県庄内の中心地で、有機的な場を展開しました。

 


Research
and
Drawing

Through interview to domestic and overseas laboratories and researchers and companies developing new materials, we designed the definition. Based on thorough research and collected actual materials, we drew a design.
Not in the macroscopic/comprehensive/destructive city model but in a sequence of small cycles at a low perspective, we try a new model of revolution.

国内外の研究機関や研究者、実際に新素材を開発する企業へのインタビューなどを通して、定義の設計を行います。
徹底したリサーチ、集めた実素材をもとに、設計図※を描いていきます。
巨視的/俯瞰的/破壊的な都市像からではなく、低い視点にある、小さな循環の連続の中に、新しい革命のモデルを試行します。

 


Living
Research

Space changing organically

The transforming space
We established a space organically changing correspondingly to research.
In this installation, furniture, clothe, lamp, food, materials which grow during session, and open sourced small agricultural machine were showcased as if it is from theatre or cinema. This work gave the visitors physical experience to travel around the thoughts.

変容する場

リサーチと連動し変化する、有機的な空間を設置。
農業廃棄物や構造タンパク質をもとにした、新しい素材の家具や衣服、照明、食べ物、期間中に生成される新素材、オープンソースの農業用マシンと小型農場を、セットのように配置。思考と身体を伴った体感ができる場を作ります。

 


Living
Research
Conversation

 

We held conference at the transformed installation space. Local farmers and various guests from Spiber Inc. which locates in Tsuruoka City and develops recombinant protein materials, OMA NY, Wired, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, and more discussed the possibilities of agricultural cities and the future direction in front of the local people.

会場一部を変形し、カンファレンスを実施。 地元を拠点とする専業農家や、新素材を開発するSpiber、食と都市を研究するOMA NY、Wired、21世紀美術館などのゲストが、農業都市の可能性や、その未来の是非を、住む人々の前で議論しました。

 

 

 


Selected Q&A

Q. どこで行われたのでしょうか?
A. 日本の東北地方にある、山形県鶴岡市で行われました。会場となった鶴岡アートフォーラムは、主に住む方々が使用するクンスト・ハレでした。

Q. なぜ3.0なのでしょうか? / リサーチ、インタビューを見ることは可能ですか?
A. コンセプトの詳細や、テキストはこちらから、インタビューなどは、一部こちらから見ることができます。

Q. どこまで関わっているのでしょうか。
A. リサーチ、定義付け、プロジェクトの組み立て(どういったことを行うか)、ディテールまでを決めます。

Q. 画像の設計図には何が描かれていますか?
A. “ー本展で展示されているのは、それらの試みの設計図となったドローイングです。このドローイングには、大きくはいまと変化がない風景が描かれています。4枚組の“Model Room”には、新素材でできた衣類や家具に囲まれた、快適で穏やかな生活・部屋が、繊細な線で描かれています。ここで描かれた家具や衣服などの多くは、リサーチを経て実際に集められた新素材のものであり、また古代から油糧作物として重要であったオリーブや、後世ヨーロッパにとっては加工によって新素材として捉えられたゴムの木の他、農耕神話に関するモチーフが見られます。 これらはテクノロジー・デストピアとは異なった、穏やかな未来ともいえるでしょう。銅板に細密に彫られた「モデル」は、銅の反射の向こう側に、うっすらと立ち上がるのです。”
(※1/2 Centuly later 展示資料より引用)


More Question
Mail

 

 

Outline

As a minimal architecture

White Painting series was conducted in various regions/places and sometimes as much as 100 people’s kisses were impressed on a canvas.
White Painting is a collective term for the series and originally each work (canvas) has its own names of the participated peopleーsometimes it is the names of 100 people, 20 people, or three or four people in a family.


*appendix
1. Icons in a cycle of society
2. Opticality and technology / Invisible objects themselves


1. Icons in a cycle of society
Icon and paintings were surely in a cycle of lives and society once. The way people come in contact with this format is quite similar to the way they do with an icon. Meanwhile, the difference of this series from the icons is that in a White Painting nothing is depictedーor different images appear in the background when people face to it (and it is not God but other individual people). White Painting is a hardware/platforms without an image.

 


極小のアーキテクチャーとして

White Paintingシリーズは、様々な地域/場所で行われ、ときに1枚に100名の人びとに及ぶ接吻が刻印されています。
White Paintingはシリーズの総称であり、本来は一枚あたり、それぞれの人々の名前ーそれはときに100名の名前であり、20名程度の名前であり、あるいは家族3,4人の名前でありーが連なります。


*appendix
1. イコン、社会の循環の中で
2. オプティカルとテクノロジー / 見えない物質そのもの


1. イコン、社会の循環の中で
イコン・絵画はかつて確かに生活、社会の循環の中にありました。この形態との接し方は、イコンとよく似ています。
一方で、差はなにも描かれていないことーあるいはそれによってその背景にそれぞれのイメージが発生する(そしてそれは一つの神ではなく他者の個人たちである)ことーであり、White Paintingは、イメージのないハードウェア / プラットフォームでもあります。

 


White Painting

This attempt was accepted by many regions and people. (In parallel with the general “reality” of a big unit/scale and division at the global level, there exists actually the fact like this too.)

この試みは、多くの地域、人々に受け入れられました。
(大きな単位・規模・グローバルレベルでの分断という一般的な現実とは平行して、こうした事実も存在するのです。)

 

 

───“Jabaley, Hrick, Eanfrith, Maaike, Andrew, Abel, Makohejiri, Cody, Miles, Stewvie, Barney, Craig, Meredith, Philip, Sandy, Darryl, Ernest, Hadley, Toby, William, Mick, Nigel, Pat, Desmond, Emmanuel, Giles, Adrain, Alfie, Natasha, Shelly, Beyeler, Mably, Theo, Aleiudo, Faneca, Saalmon, Cadelo, Kacelnik, Biriani, Shapely, Faree, Cawly, Sailer, Dansel, Ghidini, Bhola,Nachtigall, Moby, Claridge, Ullsten, Claris, Sabel, Babbit, Bianki, Talley, Alex, Danieli, Gaylor, Yeack, Johnny, Merry, Urick, Lochoner, Yhency, Hagan, Sablon, Kebin, Michael, Henry, Yura, Faille, Yulsman, Robinson, Eca, William, Blasco, Terry, Penny, Leo, Slevin, Lorry, Seems, Maanen, Reibey, Yuile, Ravi, Belmont, Lally, Rebecca, Sandra, Emily, Angelica, Cristel, James, Kacy, Rachel, Sam, Terry, Helly, Steve”

Size: 915x915mm

 

───“Danniel, Sofi, Alexsandre, Rebecca, Jess, Lundell, Georg, Matte, Hanna, Paul, Yousef, Casaline, Natalia, Henley, Agness, Dasun, Jillian, V.T, Zach, Laurence, Hendry, Ansel, Sammantha, Curbera, Kea, Ronald, Wally, Ashleigh, Albertan, Ken, Merritt, Pascal, Tasha, Launa, V., Anthony, Jenny, Samuel, Loo family,Venn, Heather, Richard, Max, Dinorah, Catherine, Mckaen, Klasen, Lyden, Sammy, Charlotte, Mackey, Loyola, Gaedel, Vicky, Aaron, Kris, Cathy, Monica, Natasha, Jimmel, Melany, Vince, Lee, Jamie, Stephanie, Brianna, Witte, Stacy, Hi, Yuta, Ken, Julia, Germany Vale, Danne, Juelle, Dickson, Odemar, Kley, G., Max, Nancy, Ricard, Horrobin, Rodmy, Kris, Sally, Peter, Julien, Erick, Austin, Kale, Paul, Sharry, Jim, Pascal, Oddsson, Carrie, Meary, Benny”

Size: 1700x1700mm

───“Juliette, Sandra, Mitch, Wills, Gillies, Ergas, Asheron, James, Lilly, Thomas. P, Elias, Sofia, Victoria, Mackay, Jamin, Amelius, Prince, Cathy, Valerie, Keiny, Peter, Dona, Sam, Zaret, Christina, Laurencie, Owel, James, Kairy , Frances, Thom, Sugay, Marien, Kinbary, Kalen, Morry, Callen, Mut, Elen, Bruno, Peter, Daele, Clara, Benjamin, Charlotte, Michael, Ryan, Ina, Diego, Javia, Candelas, Robin, Rucaro, Daniel, Rumi, Benney, Sarah, Emily, Jack, Peter, Kevin, Safiya, Trisha, Eric, Danielle, Paul, Floyd, Alexis, Carlos, Nydia, Samantha, Daniela, Michael, Dom, Matt, Todd, Ava, Cailin, Melissa, Kirby, Alexandra, William, McGuiness, Liliana, Francisco, Daniel, Patricia, Anna, Dalia, Ricardo, Diana, Maribel, Barbara, Gabriela, Cristel, Kenia, Lorenzo, Gladys, Alberto, Carlos”

Size: 450x450mm


Archive

This series was conducted in the US, Mexico, Taiwan, Italy, and Spain and the number of participants was over 600. Even the canvas on which almost 100 people had impressed kisses remained surprisingly white. And in a public space, the canvas interfered with people as a highly mobile, small structure/space.

アメリカ、メキシコ、台湾、イタリア、スペインで行い、600名を超えています。100名近くのものでも、驚くほど白いままでした。また公共空間においては、移動性の高い小さな構造物/空間として、人々に干渉していました。

 


Private room

家の中、家族のためのWhite Painting。(コレクター蔵)

 

 


Project Sheet