国立新美術館にて「漆黒能」を行いました。

Date
Jan 21, 2019
Tag
Exhibition

漆黒能は、3年ほど前から構想していた「真暗闇の中で執り行われる能」によるインスタレーションです。
今回は招待制のインスタレーションとなります。

 


 

概要

(本文引用)

 

『漆黒能』(英題:Phantosia)は、“完全な暗闇で能を執り行う” インスタレーションである。漆黒の闇と静寂のなかで執り行われる能は、視えないが故に無限のイメージの可能性を引き出す。

※「Phantosia」は、PHANTASIA(ラテン語における空想空間)とPHANTOM(亡霊)を組み合わせた造語。

今回は世阿弥が創り出した夢幻能の形式である「井筒」「鵺」いずれかの演目が半能形式にて行われる。はじめの数分間、まずは現実世界のワキが日が没する直前に登場し、そのあと夢の世界、霊としての後シテが登場するときに、本当の暗闇が訪れる。

 

[ プレトーク ]

Eugene Kangawa (THE EUGENE Studio) × 田根剛 (建築家)
日時:2019年1月22日(火) 18:00–19:00 受付開始 17:30
場所:国立新美術館 3階

 

[ 漆黒能 ]

演目:井筒
日時:2019年1月22日(火) 19:10–
場所:国立新美術館3階
※半能/シテ方 大島輝久

 

能協力:大島輝久(能楽シテ方喜多流職分)/足立寛
主催:株式会社ゴールドウイン
日時:2019年1月21日(月) 22日(火)
会場:国立新美術館

 

 

image of Phanotosia
Installation[ 2018, Square space, some peple ] ©THE EUGENE Studio