Jul 28, 2016 | Pick Up

Kangawa’s trilateral dialogue with Sony Creative Center and WIRED JP was published.

ウェブサイト「WIRED」において、ソニークリエイティブセンター長 長谷川豊氏、『WIRED』日本版編集長 若林恵氏とザ・ユージーンのEugene Kangawa 3名による鼎談が公開されています。“多数なギャップ”をテーマに、消費と倫理、インハウスデザイナーの可能性、多様な未来などについてお話しています。

 

 


 

 

 

THE BRIDGE [ FILL IN THE GAP ]
ソニーがつくる、スペキュラティブな4つの“橋”
Vol.00 未来をつくる、インハウスデザインの新しいあり方

( 本文抜粋 )

 

「ギャップに橋をかける」。そんな思弁的な取り組みを始めるにあたり、ソニークリエイティブセンター センター長・長谷川豊は、自身の常識に、まずは揺さぶりをかけてみたいという想いに至る。そのために選んだ手段が、ジェネレーションもバックグラウンドも異なる、アーティスト/映像作家Eugene Kangawaとの対話だった。そこから、長谷川はなにを見立てたのか?

 

2016年 7月 28日
全文を読む >>

WIRED.jp

 

 

 

Reprinted from WIRED.jp

Reprinted from WIRED.jp

 

 

 

 

 

 

INFORMATION

THE BRIDGE [ FILL IN THE GAP ] ソニーがつくる、スペキュラティブな4つの“橋”

( 本文抜粋 )

 

インハウスのデザインチームとして、ソニーにデザイン部門が設立されたのは1961年のこと。そこから時を経ること55年。
経済、社会、テクノロジー、生活習慣、グローバル化といったさまざまなフェーズで起きた変革は、デザインという言葉がもたらす意味、あるいはデザインが担うべき領域に大いなる影響をもたらした。そんな時代における「最も影響力のあるデザイン集団」となることを今後、ソニーデザインは目指すという。その実現に向けた思弁的アティテュードとして彼らが掲げているのが、「Fill in the gap」というキーワードだ。
「インハウスのデザインチーム」というフレームを超えて、ソニーデザインが描き出そうとする未来とは?彼らは一体、なにをギャップと感じ、その分断をいかなる「橋」でもってつなぐのだろうか?彼らのお手並みを、いざ拝見!

 

 

 

Vol. 00 INTRODUCTION
長谷川豊 ( ソニークリエイティブセンター センター長 ) × Eugene Kangawa ( アーティスト/映像作家 ) × 若林恵 (『WIRED 日本版編集長』)
未来をつくる、インハウスデザインの新しいあり方

全文を読む >>

 

 

Vol. 01 OBJECT / THINGS

田幸宏崇 ( ソニークリエイティブディレクター チーフアートディレクター )
ねじれてしまったモノとコトの相関関係をアート的視座から「再定義する」

全文を読む >>

 

 

Vol. 02 IMAGE / OUTPUT

リッケ・ゲルツェン・コンスタイン ( ソニーデザインセンターヨーロッパ CMFアートディレクター ) × エマニュエル・ムホー ( 建築家 )
人の心を動かす色や手触り。そんな「感動的なもの」をマスプロダクトに宿すには、カラーチャートを眺めていても始まらない

全文を読む >>

 

 

 


 

Text by Y. Nishimoto (THE EUGENE Studio)
July 28, 2016